幻のとうもろこし・甘太郎を通販お取り寄せ!大粒で柔らかく糖度高く甘い!

MENU

夏の味覚の王様、とうもろこし。中でも「甘太郎」は、その名の通り驚くほどの甘さが特徴の品種です。 糖度は18~20度にも達し、まるでスイーツやフルーツのような味わいです。 粒の皮が薄くて柔らかいので、収穫したての新鮮な「甘太郎」は生でも食べられるほどです。

しかし、その希少性ゆえに、「甘太郎」は幻のとうもろこしとも呼ばれています。 栽培が難しく、収穫時期も短いため、市場に出回る量が限られているのです。 農家の直売所でも、早朝から行列ができるほどの人気ぶりです。

でも、そんな「甘太郎」が、今では通販で気軽に手に入るようになりました。 収穫後すぐに鮮度保持フィルムで包装し、予冷して発送するという最先端の技術により、採れたての味をそのままお届けできるのです。 今年の夏は、ぜひ通販で「甘太郎」を味わってみませんか。

甘太郎とは

甘太郎の特徴

「甘太郎」は、静岡県遠州森町を中心に栽培されている希少なとうもろこしの品種です。その最大の特徴は、なんといっても驚くほどの甘さにあります。糖度は18~20度にも達し、一般的なとうもろこしの糖度が10度前後であることを考えると、その甘さは群を抜いています。

「甘太郎」は、粒が大きくて柔らかく、皮が薄いのも特徴です。そのため、生でも食べられるほどの食感の良さを誇ります。 一口かじれば、フルーツのようにジューシーな甘い汁が口いっぱいに広がります。 まさにスイーツのようなとうもろこしといえるでしょう。

「甘太郎」のもう一つの魅力は、その甘さが長く続くことです。収穫してからも糖度が落ちにくく、味わいが長持ちします。 夏向きのさっぱりとした甘さは、暑い日にぴったりの逸品です。

栽培の難しさ

しかし、そんな「甘太郎」を栽培するのは簡単ではありません。発芽率が悪く、栽培が難しいことで知られています。 温度管理や水はけなど、栽培には細心の注意が必要です。 収量も多くはないため、生産農家は限られています。

また、「甘太郎」は病気にかかりやすく、連作障害が起こりやすいのも栽培が難しい理由の一つです。 土づくりから始まり、適切な品種の選定、栽培管理、収穫のタイミングまで、生産者の熟練した技術と経験が欠かせません。

生産地と収穫時期

「甘太郎」の主な生産地は、静岡県の遠州地域、特に森町が有名です。 森町は、日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きいという気候条件に恵まれており、甘いとうもろこしの栽培に最適な土地柄だといわれています。

中でも、遠州森町の「鈴木農園」は、「甘太郎」の生みの親ともいえる存在です。 鈴木農園では、「3倍活用農法」という独自の栽培方法を確立し、「甘太郎」を森町の特産品に育て上げました。

「甘太郎」の収穫時期は、6月下旬から7月初旬のわずか2週間ほどしかありません。 この短い期間に、一年分の出荷が集中します。朝採りの新鮮な「甘太郎」は、直売所に並ぶとあっという間に売り切れてしまうほどの人気ぶりです。

とうもろこし 甘太郎の楽しみ方

生で食べる

「甘太郎」は、その名の通り、驚くほど甘くて美味しいとうもろこしです。 一般的なとうもろこしと比べて糖度が非常に高く、18~20度にも達します。 この甘さは、まるでフルーツやスイーツのようだと表現されるほどです。

そんな「甘太郎」の一番のおすすめの食べ方は、なんといっても生で食べることです。 収穫したての新鮮な「甘太郎」は、粒の皮が薄くて柔らかいので、そのまま生でかじりつくことができます。 口いっぱいに広がる果汁のようなジューシーな甘さは、生でこそ味わえる贅沢な体験です。

調理方法

もちろん、ゆでたり焼いたりしても「甘太郎」の甘さは格別です。 特に、オーラパックに包まれたまま電子レンジで加熱するのがおすすめの調理法です。

オーラパックとは、鮮度保持フィルムのことで、これに「甘太郎」を包んで電子レンジに入れるだけで、簡単に蒸し上がります。 600Wのレンジで3分30秒ほど加熱すれば、ふっくらと柔らかく仕上がります。 皮を少し残してラップに包んでレンジ加熱するのも美味しい方法です。

焼きとうもろこしにするのも良いでしょう。 皮付きのまま網焼きにすると、ほんのり焦げ目が付いて香ばしさが加わります。醤油とみりんのタレを付けると、屋台の味が再現できます。

保存方法

せっかくの「甘太郎」も、新鮮なうちに食べきれないこともあるかもしれません。でも安心してください。適切に保存すれば、美味しさを長く楽しめます。

「甘太郎」は、収穫してすぐに冷蔵庫で保存すれば、約7日間は鮮度を保てます。 生のまま立てて保存するのがコツです。 冷凍保存もおすすめで、薄皮を残してラップで包んでから冷凍すれば、2ヶ月ほど保存できます。

甘太郎の購入方法

通販の利便性

「甘太郎」は、希少価値が高く、農家直売所でも早朝から並ばないと手に入らないほどの人気ぶりです。 しかし、最先端技術を導入することで、収穫後1時間以内に梱包し、鮮度を保ったまま宅配でお届けすることが可能になりました。 これにより、遠方に住んでいる方でも、新鮮な「甘太郎」を手軽に楽しむことができるようになりました。

通販では、食べチョクや産直アウルなどのオンラインショップで購入可能です。 これらのショップでは、収穫後すぐに発送されるため、鮮度を保ったまま自宅に届きます。また、ギフト用のパッケージも用意されており、大切な人への贈り物にも最適です。

直売所での購入

「甘太郎」の主な生産地である遠州森町の鈴木農園など、直売所で早朝から並んで購入することもできます。 直売所では、収穫したばかりの新鮮な「甘太郎」を手に入れることができ、その場で試食も可能です。

ただし、「甘太郎」は発芽率が悪く、栽培が難しいため、生産量が限られています。 そのため、直売所でも売り切れ次第終了となり、開店前から長蛇の列ができることもあります。 確実に購入するためには、早朝から並ぶ必要があるでしょう。

オンラインショップ

円香農園や食べチョクなどのオンラインショップでも「甘太郎」を購入可能です。 これらのショップでは、収穫後すぐに発送されるため、鮮度を保ったまま自宅に届きます。また、ギフト用のパッケージも用意されており、大切な人への贈り物にも最適です。

オンラインショップでは、「甘太郎」の他にも、「甘々娘」などの希少なとうもろこしを取り扱っています。 品種や本数、発送時期などを選択して注文できるため、自分の好みに合わせて購入することができます。

まとめ

いかがでしたか。通販という便利な手段のおかげで、希少な「甘太郎」を、旬の時期に新鮮な状態で味わえるのは本当にありがたいことですよね。

オンラインショップでは、生産者が丹精込めて育てた「甘太郎」を、収穫後すぐに発送してくれます。 届いたその日に、湯がいたり焼いたり、または思い切って生でかじりついたりと、様々な調理法で堪能できるのも魅力です。

もちろん、自分だけでなく、大切な人への贈り物としても喜ばれること間違いなしです。 夏のご挨拶やお中元に、この上ない逸品になるでしょう。

今年の夏は、ぜひとも通販で「甘太郎」をゲットして、その格別の甘さを味わってみてください。 きっと、忘れられない思い出になるはずです。

MENU