世界に誇る神戸牛を通販お取り寄せ!歴史・特徴・美味しい食べ方とは…

MENU

神戸牛は世界的に有名な高級ブランド牛肉です。その歴史は古く、約1200年前の「続日本紀」にその記述が見られます。江戸時代末期から明治時代初期にかけて、神戸港の開港により多くの外国人が神戸牛の美味しさを称賛したことから「神戸ビーフ」として知られるようになりました。

神戸牛の素牛となる但馬牛は、兵庫県但馬地方の豊かな自然環境の中で長い歴史をかけて育てられ、その優れた血統と厳格な管理により高品質な牛肉が生み出されています。神戸牛と呼ばれるためには、厳しい基準をクリアした但馬牛だけが認定されます。

この記事では、神戸牛の魅力的な特徴や歴史、そして美味しく食べるための調理法などについて詳しく解説していきます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

神戸牛の魅力とは…

神戸牛の歴史と伝統

神戸牛の起源は古く、約1200年前の「続日本紀」にその記述が見られます。江戸時代末期から明治時代初期にかけて、神戸港の開港により多くの外国人が神戸の牛肉を食べ、その美味しさを称賛したことから「神戸ビーフ」として知られるようになりました。

神戸牛の素牛となる但馬牛は、兵庫県但馬地方の豊かな自然環境の中で長い歴史をかけて育てられてきました。良質な草や水に恵まれ、経験豊富な生産者によって大切に育てられることで、質の高い但馬牛が生み出されています。

神戸牛は厳格な生産・流通体制の下で品質が守られています。兵庫県食肉事業協同組合が1983年に設立した「神戸肉流通推進協議会」が定めた厳しい基準をクリアしたもののみが、神戸牛として認定されます。この厳しい品質管理により、常に高品質な神戸牛が提供されているのです。

神戸牛の特徴

神戸牛最大の特徴は、きめ細やかな霜降りにあります。但馬牛の中でも特に質の高いものだけが神戸牛と認定されるため、筋肉内に細かく入り込んだ脂肪により、鮮やかな霜降り模様を呈しています。この霜降りが、神戸牛のとろけるような食感と深い味わいを生み出しているのです。

また、神戸牛は他の和牛と比べて、おいしさに関わるオレイン酸などの不飽和脂肪酸や、うま味成分のイノシン酸を多く含んでいることが分かっています。これにより神戸牛は風味が良く、まさに最高級のおいしさを誇ります。

さらに、牛肉には良質なタンパク質をはじめ、鉄分やビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。適度に食べることで、筋肉づくりや疲労回復、貧血予防などの健康効果も期待できるのです。

神戸牛の種類とグレード

枝肉の格付けでA4以上、BMS No.6以上に格付けされ、厳しい条件をクリアしたものだけが神戸牛として認定されます。中でもA5ランクは最高位のグレードで、神戸牛の中でも特に質が高いとされています。

神戸牛と他の有名ブランド和牛との大きな違いは、血統の純粋さです。神戸牛の素牛である但馬牛は、他の血を一切混ぜずに改良されてきた純粋な黒毛和種です。一方、松阪牛や近江牛などは、もともとは但馬牛を素牛としつつも他の血を導入しているため、神戸牛ほどの純粋さはありません。

また、神戸牛にはそれぞれの部位に応じた味わいの特徴があります。特にサーロインやリブロース、ヒレなどは霜降りと風味に優れ、ステーキやすき焼きに向いています。赤身が多いモモやカタなどは、しゃぶしゃぶや煮込み料理にするのがおすすめです。

神戸牛の美味しい調理法

神戸牛の基本的な調理法

  • ステーキの焼き方:神戸牛のステーキを美味しく焼くコツは、常温に戻した肉に塩胡椒をして、強火で表面をこんがり焼いた後に弱火にして芯まで火を通すことです。ミディアムレアが最も旨味を楽しめる焼き加減とされています。焼き上がったらすぐに切らずに数分休ませると肉汁が逃げずジューシーに仕上がります。
  • しゃぶしゃぶの楽しみ方:神戸牛のしゃぶしゃぶは、サッと湯通しすることで肉本来の旨味を味わえる料理法です。ポン酢や胡麻だれなどのシンプルなタレで頂くのがおすすめ。野菜も一緒に食べると栄養バランスが取れて◎。しゃぶしゃぶの残り汁でうどんや雑炊を作るのも美味しいですよ。
  • すき焼きの作り方:神戸牛のすき焼きは関西風が本格的とされ、まず肉を焼いてから野菜と共に割下で煮る順番が基本です。割下は醤油、砂糖、酒を合わせたものが定番で、濃すぎないのがコツ。肉に火が通りすぎないよう注意しましょう。溶き卵につけながら頂くのが美味しい食べ方です。

神戸牛を使ったレシピ

  • 神戸牛のグリル:神戸牛をグリルで焼くと、外はこんがり中はジューシーに仕上がります。下味はシンプルに塩胡椒のみで。焼く前にニンニクを炒めたオイルを使うと香りが引き立ちます。付け合わせの野菜もグリルで焼くと見栄えも味も◎。マッシュルームやアスパラなどがおすすめです。
  • 神戸牛のすき焼き:神戸牛のすき焼きは、肉の旨味を存分に味わえる贅沢な一品。割下は醤油、砂糖、酒を合わせ、濃すぎないのがポイント。肉は焼きすぎないのがコツで、野菜は肉の脂で炒めるように調理します。〆はうどんや雑炊で残り汁を楽しむのがおすすめです。
  • 神戸牛のタタキ:神戸牛をタタキにすると、肉の旨味と食感が楽しめます。強火で全体に軽く焼き目をつけてから、氷水で冷やして薄くスライスするのが基本の作り方。ポン酢やゆずこしょうを添えるのが定番ですが、オリーブオイルとお塩でシンプルに頂くのもおすすめ。

神戸牛を最高に楽しむためのコツ

  • 適切な温度での調理:神戸牛を美味しく食べるには適切な温度管理が大切です。ステーキなら常温に戻してから焼き、しゃぶしゃぶは熱すぎないお湯で手早くサッと通すのがコツ。冷たいまま調理すると肉が硬くなるので要注意。
  • シンプルな味付けのすすめ:神戸牛は肉そのものの味が最高に美味しいので、味付けはなるべくシンプルにするのがおすすめ。ステーキは塩胡椒のみ、しゃぶしゃぶはポン酢や胡麻だれ、すき焼きは薄めの割下で十分に美味しく頂けます。
  • ワインとのペアリング:神戸牛に合うワインを選ぶのも美味しく食べるコツの一つ。ステーキにはタンニンのしっかりした赤ワインを、しゃぶしゃぶやすき焼きにはライトな赤ワインがおすすめ。肉の旨味とワインの風味のハーモニーを楽しんでみてください。

神戸牛を通販で購入する方法

信頼できる通販サイトの選び方

神戸牛を通販で購入する際は、信頼できる販売業者を選ぶことが大切です。まず、「神戸肉流通推進協議会」が認定した正規の販売店であるかを確認しましょう。協議会のホームページで販売店一覧を公開しているので、そちらを参考にすると良いでしょう。

また、実際に利用した人のレビューや評価を確認することも重要です。商品の品質や梱包、配送の状態など、他の利用者の生の声を参考にすることで、安心して購入できます。

最後に、万が一に備えて返品・交換ポリシーを確認しておきましょう。商品に問題があった場合に、スムーズに対応してもらえるかどうかは、販売店の信頼性を測る大きなポイントです。

購入前に知っておくべきこと

神戸牛は生鮮食品なので、保存方法と賞味期限に注意が必要です。冷蔵の場合は到着後2日以内、冷凍の場合は6ヶ月以内に食べきるのが理想的です。冷凍保存する場合は、風味を保つために急速冷凍し、食べる前は冷蔵庫でゆっくり解凍するのがおすすめです。

また、購入量は一度に食べきれる分だけ注文するのが賢明です。神戸牛は高級食材なので、必要以上に買いすぎると無駄になってしまう恐れがあります。家族構成や用途に合わせて、適量を選びましょう。

価格帯は部位によって大きく異なります。ロースやヒレなどの高級部位は、100gあたり数千円から1万円以上するものもあります。予算に合わせて、バラエティに富んだ部位を選ぶのも一つの方法です。

神戸牛を通販で買う際は、信頼できる販売店選びと、保存方法や量・価格帯など購入前の下調べが欠かせません。しっかりと準備して、満足のいく神戸牛ライフを楽しんでください。

まとめ

神戸牛は、長い歴史と伝統に支えられた最高級のブランド牛肉です。その特徴は、きめ細やかな霜降りと深い味わい、そしてとろけるような柔らかな食感にあります。

神戸牛の素牛である但馬牛は、兵庫県の豊かな自然環境の中で純粋な血統を守りながら育てられ、厳しい基準をクリアしたものだけが神戸牛として認定されます。神戸牛を美味しく食べるには、適切な温度管理とシンプルな味付けがポイントです。

ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きなど、様々な調理法で神戸牛の魅力を堪能できます。日本が世界に誇る神戸牛は、生産者の努力と情熱に支えられ、常に最高の美味しさを追求し続けています。ぜひ一度は味わってみたい、特別な牛肉です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
MENU